ビジネス

ビジネス

104言語対応の文字起こしサービス「Notta」がバージョン3.0に

MIND CRUISERは、104言語対応のAI音声認識文字起こしサービス「Notta」がバージョン3.0にアップデートしたことをアナウンスした。 「Notta」は、音声をアップロードすることで104言語の文字起こしができるAI音声...
ビジネス

AIアバターによる多言語動画生成ソリューション「AIマルチリンガルスタジオ」

博報堂プロダクツは、英Synthesiaの多言語動画生成ソリューション「AIマルチリンガルスタジオ」の提供を開始した。 「AIマルチリンガルスタジオ」は、多言語のさまざまな原稿を元に、あたかも本人がしゃべっているようなAIアバターの...
ビジネス

GIGAスクールタブレットを活用する「みえる通訳スクールパック」が提供開始

テリロジーサービスウェアは、小・中学校などの教育現場でのGIGAスクールタブレットを活用した多言語通訳サポートサービス「みえる通訳スクールパック」の提供を開始した。 「みえる通訳スクールパック」では、「みえる通訳」のほか、Web会議...
ビジネス

AI自動翻訳「ヤラクゼン」がクラウドストレージ「Box」と連携

八楽が提供するAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」は、クラウドストレージサービス「Box」と連携する新サービス「ヤラクゼン for Box」の提供を開始する。 「ヤラクゼン for Box」では、Box内の指定フォルダに文書フ...
ビジネス

AI同時通訳サービスのWordlyが100万ユーザーを達成

AI同時通訳サービスの「Wordly」は、利用者数が100万人に到達したことをアナウンスした。 「Wordly」は、オンラインの会議やイベント、セミナーで利用できるAIを活用した同時通訳サービス。音声をテキストや音声にリアルタイムに...
ビジネス

【調査】「将来、英語を使って何をしたいか?」、中高生の約7割が「外国人とコミュニケーションを取りたい」

Globeeは、AI英語教材「abceed」を導入している中学・高等学校の生徒849人を対象に「将来、英語を使って何をしたいか?」というアンケートを実施した。調査期間は2022年3月15日〜3月31日。 アンケート結果によると、「外...
ビジネス

多言語映像通訳サービス「みえる通訳」、避難所支援プランを提供開始。文京区が採用

テリロジーサービスウェアは、多言語映像通訳サービス「みえる通訳」の避難所支援プランの提供を開始した。文京区が区内36ヶ所の避難所で採用する。 災害時の避難所において、外国人や手話通訳を必要とする人に通訳サービスを提供できるプラン。通...
ビジネス

「ヤラクゼン」の“ポストエディット”マーケットプレイスに台湾の翻訳会社が参加

八楽が提供するAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」のマーケットプレイスに、台湾の翻訳会社、ミエトランスレーションサービスが参加した。 「ヤラクゼン」は、AI翻訳の出力結果の編集・修正をプロの翻訳家に依頼する、いわゆる“ポストエ...
ビジネス

機械翻訳プラットフォーム「XMAT」がバージョン2.0にアップデート

川村インターナショナルは、機械翻訳プラットフォーム「XMAT」(トランスマット)をバージョン2.0にアップデートした。 「XMAT」バージョン2.0では、機械翻訳のカスタマイズを可能にする新機能「LAC」が追加されたほか、利用可能な...
ビジネス

イグアス、ウクライナ避難民の支援者向けに「こえカラモジ」を無償提供

イグアスは、翻訳機能を備えたAI音声認識サービス「こえカラモジ」をウクライナ避難民をサポートする日本人支援者向けに無償提供する。 「こえカラモジ」は、イグアスの子会社のアルファー・コミュニケーションズが開発したAI音声認識サービス。...
タイトルとURLをコピーしました