ビジネス

ビジネス

【調査】「将来、英語を使って何をしたいか?」、中高生の約7割が「外国人とコミュニケーションを取りたい」

Globeeは、AI英語教材「abceed」を導入している中学・高等学校の生徒849人を対象に「将来、英語を使って何をしたいか?」というアンケートを実施した。調査期間は2022年3月15日〜3月31日。 アンケート結果によると、「外...
ビジネス

多言語映像通訳サービス「みえる通訳」、避難所支援プランを提供開始。文京区が採用

テリロジーサービスウェアは、多言語映像通訳サービス「みえる通訳」の避難所支援プランの提供を開始した。文京区が区内36ヶ所の避難所で採用する。 災害時の避難所において、外国人や手話通訳を必要とする人に通訳サービスを提供できるプラン。通...
ビジネス

「ヤラクゼン」の“ポストエディット”マーケットプレイスに台湾の翻訳会社が参加

八楽が提供するAI自動翻訳プラットフォーム「ヤラクゼン」のマーケットプレイスに、台湾の翻訳会社、ミエトランスレーションサービスが参加した。 「ヤラクゼン」は、AI翻訳の出力結果の編集・修正をプロの翻訳家に依頼する、いわゆる“ポストエ...
ビジネス

機械翻訳プラットフォーム「XMAT」がバージョン2.0にアップデート

川村インターナショナルは、機械翻訳プラットフォーム「XMAT」(トランスマット)をバージョン2.0にアップデートした。 「XMAT」バージョン2.0では、機械翻訳のカスタマイズを可能にする新機能「LAC」が追加されたほか、利用可能な...
ビジネス

イグアス、ウクライナ避難民の支援者向けに「こえカラモジ」を無償提供

イグアスは、翻訳機能を備えたAI音声認識サービス「こえカラモジ」をウクライナ避難民をサポートする日本人支援者向けに無償提供する。 「こえカラモジ」は、イグアスの子会社のアルファー・コミュニケーションズが開発したAI音声認識サービス。...
ビジネス

KUZEN、自治体向けの多言語AIチャットボットを提供開始

ノーコードAIチャットボット「KUZEN(クウゼン)」を提供するコンシェルジュは、自治体向けの多言語AIチャットボット「KUZEN for 自治体DX」を提供開始した。 「KUZEN for 自治体DX」では、自治体のホームページや...
ビジネス

コニカミノルタのAI多言語通訳サービス「KOTOBAL」がやさしい日本語に対応

アルファサードは、コニカミノルタの自治体・行政向け多言語通訳サービス「KOTOBAL(コトバル)」へ、やさしい日本語化支援サービス「伝えるウェブ」のAPIを提供開始した。 「KOTOBAL」のタブレット画面で「やさしい日本語」を選択...
ビジネス

AI自動翻訳プラットフォーム「Biz翻訳」にウクライナ語が追加

テリロジーサービスウェアは、AI自動翻訳プラットフォーム「Biz翻訳」がウクライナ語に対応したことをアナウンスした。 「Biz翻訳」は、文書ファイルをアップロードして機械翻訳できるサービス。翻訳エンジンはGoogle翻訳、DeepL...
ビジネス

世界の言語サービス市場は2025年までに822億ドルに成長

Research And Marketsは、言語サービス市場に関するレポート「グローバル言語サービス市場:規模・傾向・予測(2021-2025年版)」の販売を開始した。 同レポートでは、2021年における世界全体の言語サービスの市場...
ビジネス

チーム作りのオンラインプログラム「Re:Shape」が多言語対応

インパクトジャパンは、チーム作りや組織作りのためのオンラインプログラム「Re:Shape」を多言語対応した。 「Re:Shape」は、ゲームパートと対話パートなどを組み合わせた約3時間のオンラインプログラム。Zoomを使用し、業務遂...
タイトルとURLをコピーしました