AIチャットボット「Bebot」、広島県電子申請システムサイトに導入

Web
Web

広島県は、電子申請システムサイトにビースポークのAIチャットボット「Bebot」を導入する。

Bebotは、3,000万人以上のチャット履歴をもとに開発した自然言語処理エンジンを搭載したAIチャットボット。口語体や長い文章での自由入力に対しても、的確な回答を返すことができる。多言語に対応し、広島県電子申請システムでは日本語と英語に対応する。

Bebot(ビーボット)| 行政向けAIチャットボット | 株式会社ビースポーク
Bebotがあれば、多言語対応もAIで自動化。年間数千万人以上が利用する世界最先端のチャットボットで、行政サービスのデジタル化をサポー。

コメント

タイトルとURLをコピーしました