宿泊施設向け多言語コミュニケーションツール「Kotozna In-room」、利用者数が37%増加

ビジネス
ビジネス

Kotoznaは、宿泊施設向け多言語コミュニケーションツール「Kotozna In-room」の利用データを調査し、結果を公表した。

調査結果によると、10月1日〜10月10日と10月11日〜10月31日で1日あたりの外国語利用者数の平均値を比較すると、10月11日の水際対策緩和後に平均37%増加しており、訪日外国人観光客が確実に増加していることがわかった。

「Kotozna In-room」は、宿泊客が施設案内や周辺観光情報などを自分の言語で確認したり、スタッフと母国語同士でチャットができる多言語コミュニケーションツール。109言語に対応している。

Kotozna In-room:ホテル・旅館の業務効率化・感染症対策をサポートする部屋置きタブレット不要の多言語対応ツール
Kotozna In-roomは、宿泊施設の業務効率化・3密対策・ソーシャルディスタンス確保を後押しし、お客様とスタッフ間のコミュニケーションをより円滑にする、新しい多言語システムです。館内案内などの紙資料はデジタル化し、共有物を減らすことが可能です。 チャットボットがスタッフに代わり自動応答するため、スタッフの作業負...

コメント

タイトルとURLをコピーしました