西武鉄道、多言語映像通訳サービス「みえる通訳」を全駅係員に導入

ビジネス
ビジネス

西武鉄道は、テリロジーサービスウェアの多言語映像通訳サービス「みえる通訳」を駅係員一人ひとりに追加配備し、合計1,700IDの利用を開始した。

「みえる通訳」は、テレビ電話形式で通訳者を呼び出し、対面でのコミュニケーションをサポートする通訳サービス。13ヶ国語と日本手話に対応する。

西武鉄道では従来、91駅において1駅あたり1IDで「みえる通訳」を利用していたが、今回、駅係員一人ひとりのタブレット端末に「みえる通訳」を導入した。

みえる通訳
みえる通訳は、タブレット・スマートフォンを利用したリアルタイム映像通訳サービスです。いつでもどこでもワンタッチで、通話オペレーターが接客をサポート。英語・中国語・韓国語・タイ語・ロシア語・ベトナム語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語・タガログ語・ヒンディー語・ネパール語・インドネシア語・手話(日本手話)を定額制提供...

コメント

タイトルとURLをコピーしました