関西国際空港、AI対話エンジンを活用したリモート案内システムの実証実験

ビジネス
ビジネス

関西国際空港は、AI対話エンジンを活用したリモート案内システムの実証実験を実施する。

使用するリモート案内システムは、沖電気工業(OKI)が提供する接客支援ミドルウェア「CounterSmart」。実証実験により、AIチャットボットによる無人案内、オペレーターによるリモート支援、音声認識による多言語自動翻訳機能の検証を行う。

期間は2022年7月27日〜2023年1月31日。場所は関西国際空港の第1ターミナル1階到着口付近と2階案内カウンター(予定)。

接客支援ミドルウェア「CounterSmart」|ストアフロント変革|店舗デジタル変革ソリューション「Enterprise DX」|OKI
セルフ端末用ミドルウェア「CounterSmart」は、お客様のセルフ操作による取引の実行や、お客様のニーズに合わせた本部専門家によるリモート支援サービスの提供など、有人窓口のデジタル化や省人化ニーズに対応します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました