九州3空港で翻訳スマートマスクの共同実証実験

デバイス
デバイス

鹿児島空港と宮崎空港、長崎空港は、羽田空港と共同で、現在羽田空港ターミナルにおいて導入されているロボットやスマートデバイスの広域連携での実証実験を行う。

実証実験の期間は2022年7月5日〜7月29日。翻訳可能なスマートマスク「C-FACE」のほか、案内ロボット「mini MORK」、清掃ロボット「EGrobo」「Gaussian」が九州3空港で使用され、検証が行われる。

ホーム | C-FACEのご購入はこちら

コメント

タイトルとURLをコピーしました