多言語映像通訳サービス「みえる通訳」、避難所支援プランを提供開始。文京区が採用

ビジネス
ビジネス

テリロジーサービスウェアは、多言語映像通訳サービス「みえる通訳」の避難所支援プランの提供を開始した。文京区が区内36ヶ所の避難所で採用する。

災害時の避難所において、外国人や手話通訳を必要とする人に通訳サービスを提供できるプラン。通訳オペレーターによる「みえる通訳」に加えて、指差し操作と音声再生により多言語でのコミュニケーションが可能な「たっち通訳」も利用できる。「たっち通訳」はオフラインでも利用可能。

英語、中国語、韓国語、日本手話など14言語に対応。利用料金はライセンスのみが初期費用1,000円/ID、月額利用料1,000円/ID。ライセンスと端末レンタルのプランが初期費用5,000円/ID、月額利用料3,500円/ID〜。

みえる通訳
みえる通訳は、タブレット・スマートフォンを利用したリアルタイム映像通訳サービスです。いつでもどこでもワンタッチで、通話オペレーターが接客をサポート。英語・中国語・韓国語・タイ語・ロシア語・ベトナム語・ポルトガル語・スペイン語・フランス語・タガログ語・ヒンディー語・ネパール語・インドネシア語・手話(日本手話)を定額制提供...

コメント

タイトルとURLをコピーしました