リモート会議向け翻訳ソフト「ポケトーク字幕」が提供開始

ソフトウェア
ソフトウェア

ソースネクストは1月31日、リモート会議向け翻訳ソフト「ポケトーク字幕 Windows版」の提供を開始した。3月末までは無料で利用可能。4月以降の月額利用料は1,100円(税込)。

「ポケトーク字幕」は、翻訳デバイス「POCKETALK(ポケトーク)」ブランドのリモート会議向け翻訳ソフト。ZoomやTeamsなどのリモート会議ツール上で、自分が話した言葉の翻訳結果を字幕のように表示できる。82言語に対応し、最大2ヶ国語まで翻訳言語を設定可能。

本ソフトをPCにインストールし、Webカメラの設定で本ソフトを選ぶことで、字幕が合成された画像をリモート会議ツールに表示できる仕組み。対応OSはWindows 8.1以上で、MacOS版は2月に提供開始予定。

ポケトーク字幕について|POCKETALK(ポケトーク)
「ポケトーク字幕」は、ポケトーク本体と一緒に使う、無料のWindows用ソフトです。 翻訳結果を、まるで映画の字幕のようにwebカメラの映像と合成し、 海外とのリモート会議から言葉の壁をなくします。

コメント

  1. […] […]

タイトルとURLをコピーしました